トラブルは自己責任

Medicines on the table

シアリス通販を利用する場合、気をつけたいことがいくつかあります。
まず、シアリス通販には「個人輸入」と「個人輸入代行」があります。
個人輸入は、海外サイトから個人が直接シリアスなどの薬を輸入すること。
個人輸入にはいくつか注意点があります。
まず、海外サイトから直接輸入することになるので購入の際に何か不明な点があれば、英語でやり取りをしなければならないということ。
日本とは違うサイト構成に戸惑う人もいるかもしれません。
個人輸入の場合は、必ずその薬を服用する本人が購入しなければなりません。
例えばシアリスを、同じくEDで悩んでいる友人の分もまとめて購入し、譲渡することは違法にあたります。
また、個人輸入をする場合、一度に購入できる量が限られています。
シアリスの場合は、一度にまとめて購入できるのは2ヶ月分だけです。
シアリス通販を利用する際、商品が手元に届くまでに通常よりも時間がかかるのがデメリットとして挙げられますが、
まとめて大量に購入できないので、しっかり管理しないと薬を切らしてしまいやすいというリスクもありますね。
その点、個人輸入代行の場合は、第三者が自分の代わりに個人輸入をしてくれるので、サイトも日本語表記で見やすく、使いやすいというメリットがあります。
ただ、個人輸入代行を利用して起こったトラブルの責任は全て購入者に課せられてしまうので、サイト選びは慎重に行う必要があります。
シアリス通販を利用する上で、やけに価格が安すぎたり、誇大広告をしているサイトがあれば、事前に口コミを検索し、
実際にそのサイトを利用した人の生の声を見てみると良いでしょう。